レーザー脱毛は昔流行ったニードル脱毛よりは痛くない?

ニードル脱毛は電気針というものを毛穴に入れて毛根を破壊していきます。
前はこの脱毛方法が主流でしたが、痛みが激しく肌への負担も大きいため、最近はレーザーでの脱毛方法が大半です。
毛根をレーザーで壊していくレーザー脱毛はニードル脱毛より効果はなくなりますが、痛みがより小さく皮膚への負担が少ないといった長所があるのです。
脱毛器のトリアの値段は6万円ぐらいですら、エステや病院などで全身脱毛をしてもらうことを考えると、かなりお得ですよね。
6万円くらいのお金で、いつでも行いたい時に何度でもしたい時に脱毛ができるなら、欲しいという人も多いのではないでしょうか。
しかし、痛みに弱いという人にはトリアはオススメの脱毛器ではありません。
女の人には、毎月月経がありますが、生理中に脱毛器を使っても問題ないでしょうか。
生理中はホルモンのバランスが悪いので、肌が他のときよりも敏感です。
脱毛器で毛を抜くことで肌荒れを起こす確率が増えます。
また、月経中は脱毛の効果が落ちるということも囁かれているので、大して効果はでないかもしれません。
基本的には最新脱毛器なら火傷や肌荒れの心配はないでしょう。
フラッシュ方式となっている脱毛器なのであれば、まずそのようなことはないです。
しかし、どんなに優れた性能の脱毛器でも間違った使い方をすると危険です。
中でもとくに顔を脱毛する場合には十分気をつけましょう。
また、脱毛の前後に肌を冷やしておくことで、肌荒れを前もって予防しておくことができます。
生理中の女性でも利用できるかどうかは医療脱毛のホームページを確かめれば確認のほうはできるようになっていると思われます。
ただし、生理中のホルモンバランスは乱れていて、肌がかなり敏感なのです。
肌を気にかけるのであれば、生理中に行ける医療脱毛であったとしても、できる限りやめておくほうが良いです。
生理を終えてからのほうが安心して脱毛を行えます。